脳神経外科・脊椎脊髄外科

 脳神経外科では、平成28年4月より常勤医が2名体制となり、診療体制が強化されました。脳神経外科では脳卒中や頭部外傷など迅速な診断および治療が必要な疾患が少なくありません。
 笹生病院では開院以来救急対応に力を入れており、夜間や休日でも必要時はMRI検査や緊急手術が可能な体制を整えております。またリハビリテーションも充実しております。急性期から積極的にリハビリ介入しており、脳卒中では多くの場合翌日より開始しております。

 また当院の脳神経外科の特徴として、脳疾患のみではなく脊髄疾患の治療も得意としていることがあげられます。
これは「脳」だけではなく「神経外科」として、重要な神経組織である脊髄疾患の治療するという考えに基づいております。顕微鏡手術を基本として常に低侵襲を念頭に置いて治療をしております。

 我々は脳および脊髄領域ともに、手術の安全性向上に常に努力しております。平成28年より術中神経モニタリング装置を導入しました。全身麻酔下の手術でも神経機能の確認が可能となっております。
 また開頭手術では、患者様の希望があれば無剃毛手術も可能です。少しでも体力および精神的な負担が少なく、早期に社会復帰できることを目標としております。

 当院は紹介状が無くても受診可能です。気になる症状があれば、お気軽に相談ください。

関連センター

脳卒中センター

 脳卒中とは、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの総称です。

 多くの場合前兆無く突然発症します。また寝たきりや要介護状態になる原因としても知られております。予防が最も重要でありますが、実際に脳卒中になった場合は迅速かつ的確な治療が必要となります。脳卒中の治療方法は近年目覚ましく進歩しており、これまで以上に専門性が求められるようになりました。当院では24時間t-PA静注療法・血栓回収療法を行える体制を整えています。

 笹生病院では脳卒中に対して高度な医療を提供できるように、脳神経外科専門医、看護師、リハビリスタッフ、医療相談員、管理栄養士などがチームとなり、平成29年6月より脳卒中センターを立ち上げました。また当院は2019年より一般社団法人日本脳卒中学会より一次脳卒中センター(Primary Stroke Center:以下PSC)にも認定されております。

脳卒中センター

脊髄センター

 治療方法および医療機器の進化に伴い、近年、脊椎・脊髄疾患の治療は高度化し、より専門性が高くなりました。当院では、平成29年6月より日本脊髄外科学会指導医2名(脊椎内視鏡下手術技術認定医1名)を中心として、看護師、リハビリスタッフ、放射線技師などがチームとなり脊髄センターを立ち上げました。

脊髄センター

対象とする主な疾患

脳血管障害

  • 脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血
  • くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤、未破裂脳動脈瘤
  • 脳動静脈奇形、もやもや病
  • 頚部内頚動脈狭窄症、脳動脈解離

頭部外傷

  • 脳挫傷、急性硬膜下血腫
  • 急性硬膜外血腫、外傷性くも膜下出血
  • 慢性硬膜下血腫、びまん性軸索損傷

脳腫瘍

  • 髄膜腫、神経膠腫、神経鞘腫、転移性脳腫瘍など

水頭症

  • 特発性正常圧水頭症、二次性水頭症

機能性疾患

  • 三叉神経痛、片側顔面けいれん、舌咽神経痛

ボトックス治療

脊椎・脊髄疾患

  • 頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症、頚椎後縦靭帯骨化症、キアリ奇形
  • 脊髄空洞症、胸椎後縦靭帯骨化症、胸椎黄色靭帯骨化症
  • 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症
  • 胸腰椎圧迫骨折、脊椎損傷、化膿性脊椎炎

腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡手術(PELD)

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

夜間・休日診療のご案内

脳神経外科・脊髄外科

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。 は女性医師です。

午前診

芝本 和則

脳神経外科・脊髄外科

芝本 和則

脳神経外科・脊髄外科

芝本 和則

脳神経外科・脊髄外科

交代制

江村 拓人(脳神経外科)
平山 龍一(脳神経外科)

午後診

谷脇 浩一

脳神経外科・脊髄外科
診察13:30から

夜診

芝本 和則

脳神経外科・脊髄外科
予約可

担当医師

芝本 和則 (しばもと かずのり)

脳神経外科・脊椎脊髄外科

資格・所属学会 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脊髄外科学会認定医・指導医
日本脊髄外科学会脊椎内視鏡下手術技術認定医
日本神経内視鏡学会技術認定医

非常勤医師
谷脇 浩一

脳神経外科・脊椎脊髄外科