麻酔科

麻酔とは治療などにおける患者様の苦痛を軽減させる(鎮痛)と同時に、筋の緊張を抑えたり(筋弛緩)、治療中に目覚めなくすること(鎮静)を目的で用いられる方法です。

麻酔科は手術が安全に行えるように手術中の患者さんの全身状態を維持することや手術侵襲から体を守ることを目的としており、麻酔科医は執刀医よりも患者さんの側に立って容態を監視し執刀医に患者さんの体調を報告し最善の状態で手術を終わらせる手術中の麻酔管理だけでなく、手術前後の患者さんの全身状態を良好に維持、管理することにも努めております。

手術前に患者さんにお会いして、その方に合った麻酔を提供させていただきます。

また麻酔について、わからない事やご希望がありましたら麻酔科医へご相談下さい。

特長

循環管理 手術中に血圧や脈拍、尿量など心臓や血液の流れを管理
呼吸管理 手術中に体の中に十分な酸素を送り込むための環境を整えます
疼痛管理 手術中、手術後に体への最大の負担となる痛みを和らげます。痛み刺激は手術後の回復に影響を与えます。

麻酔科が行うこと

  • 手術室で行われる麻酔
  • 集中治療室での呼吸器や循環、鎮静等の管理の一部

麻酔方法

  • 全身麻酔
  • 区域麻酔(硬膜外麻酔、脊椎麻酔、神経ブロック)
  • 局所浸潤麻酔

診療実績

手術症例 約450例(全身麻酔350例)

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医師

河野 靖生 (こうの やすお)

麻酔科

略歴 平成8年3月 久留米大学 医学部医学科 卒業
平成8年5月 久留米大学病院 初期研修医
平成10年11月 地方独立行政法人 大牟田市立病院 麻酔科
平成12年4月 久留米大学病院 麻酔科助手
平成15年11月 筑後市立病院 麻酔科 医長
平成18年4月 久留米大学病院 麻酔科 講師
平成21年4月 公立八女総合病院企業団 公立八女総合病院 麻酔科 部長
平成22年4月 久留米大学医療センター 麻酔科 部長
平成22年10月 京都第一赤十字病院 麻酔科 医長
平成24年10月 京都第二赤十字病院 麻酔科 医長
平成28年11月 社会医療法人天神会 新古賀病院 麻酔科 部長
平成30年6月 独立行政法人地域医療機能推進機構 京都鞍馬口医療センター 麻酔科 部長
平成31年4月 医療法人社団 清和会 笹生病院 麻酔科
資格・所属学会 医学博士
公益社団法人麻酔科学会 麻酔科指導医・専門医