勤務医負担軽減計画・一般事業主行動計画

2020年度 笹生病院 勤務医負担軽減計画

1. 医師・看護師・薬剤師・検査技師・医療クラーク・医療事務・連携スタッフ等の業務役割分担の明確化(継続計画)

1.看護師

  1. 医師の指示に基づき、注射・処置等代行が可能な診療行為を積極的に実施する。
  2. 救急医療等における診療の優先順位について可能な限り判定を行い、医師が診療に専念できる体制を整備する。
  3. 医師が患者に治療方針や症状の説明を行う場合は、患者やその家族に補足的な説明を行い、医師と患者とのコミュニケーションが円滑に図れるよう協力する。

2.薬剤師

  1. 病棟への薬剤の払出しは点滴、注射等を患者単位で準備し、病棟医師の負担の軽減を図る。
  2. 薬剤を電子カルテ上で迅速に閲覧できるようマスターデータを適切に管理する。
  3. 外来化学療法及びすべての病棟で使用する抗癌剤の調剤を行い、医師の負担の軽減を図る。
  4. 院内処方体制を維持し、病棟での服薬指導、持参薬管理や病棟常備薬の薬剤管理を担うことにより、医師の負担の軽減を図る。

3.臨床検査技師

  1. 医師の依頼に基づき、心臓超音波検査等を実施する。
  2. 検査に関する問い合わせについて、可能な限りの説明を行う。

4.診療放射線技師

  1. 医師の指示に基づき、エコー検査、放射線検査、CT・MRI検査等を実施する。
  2. エコーガイド下生検で位置合わせ等を行い、医師を介助する。
  3. 検査に関する問い合わせについて、可能な限りの説明を行う。

5.臨床工学士

  1. 血液浄化業務に対応し、機器操作及び回路内血液凝固防止等の対処を行い、医師の負担軽減を図る。
  2. アンギオ機器の準備等を迅速に行い、医師の負担軽減を図る。

6.事務職員

  1. 入院の説明、検査手順の説明等、代行が可能な医師業務を積極的に行う。
  2. 患者・家族へのインフォームド・コンセントに積極的に係わり、退院支援や療養相談等、医師との情報共有が正確かつ速やかに行えるよう努める。
  3. 医師が、患者・家族の状況を理解した上で治療に専念できるよう、相談支援や関係機関との情報共有や連携を行い、療養環境や診療行動が維持できるように努める。

2. 医師事務作業補助者への事務的作業の分担(継続計画)

1.補助体制

  1. 医療事務作業補助者を有効に配置し、医師の負担の軽減を図る。
  2. 医師の業務を円滑に補助できるよう、電子カルテ操作など必要な研修を行う。

2.業務内容

別に定める「医師事務作業補助者業務規程」に基づき、診断書等の文書作成やカルテ記載、各種オーダーなど電子カルテへのデータ入力について補助業務を行う。

3. 短時間雇用の非常勤医師の活用

医師不足となっている診療科については、非常勤医師を活用し、医師の負担を軽減する。

4. 地域の他の医療機関との連携体制

大腿骨、脳卒中、5大がん、緩和ケア等のクリニカルパスの推進や紹介患者専用枠を設け高度医療が必要な患者を積極的に受け入れるなど地域連携体制をより充実させ、当院が本来受け入れるべき重篤な患者の診療に医師が専念できる体制を整備する。

5. 外来交替制勤務制の導入

二次救急医療体制を維持しながら診療にあたっているため、各診療科における各医師の日勤の診療体制等を考慮し、外来診療に関して交替制勤務体制を取る。また、当直体制の維持のため、不足する場合は非常勤医師を活用する。

6. 当直体制への配慮

当直体制に参加する診療科においては、日勤の診療日程に配慮し、交代勤務計画を作成する。なお、手術のある診療科においては、予定手術日についても配慮する。

7. 外来縮小の取り組み

地域の他の医療機関との連携を強化することで紹介率及び逆紹介率の向上を図る。

8. 子育て中の医師への配慮

  1. 出産後、職場へのスムーズな復帰を促すため、院内保育所による保育を実施する。
  2. 子育て中の医師の負担軽減として、育児短時間勤務を導入する。

9. 職員満足度調査の実施

当院の長所、短所、職員の意欲を可視化することにより、問題点を明らかにし、運営を改善していく。

10. 子育て中の医師への配慮

  1. 医師の増員に向け、継続的に医師確保に努める。
  2. 警備会社と契約し、24時間 院内暴力から医師、看護師等を守る体制を整備する。
  3. 常勤医師が加入する賠償保険掛金の助成や医療事故等に迅速に対応するための顧問弁護士の活用など、医療リスクに対する支援体制を充実する。
  4. 院内に設置した保育所を適切に管理・運営し、育児を抱える医師や看護職員の就業を支援する。
  5. IT化を推進し、医師、看護師の業務の効率化、合理化を図る。

11. 役割分担推進のための委員会

  1. 役割分担推進のための委員会は「勤務環境改善委員会」とする。
  2. 当計画の実施状況等について、年1回以上委員会に報告し審議を行う。
  3. 参加職種は次のとおりとする。
    医師、看護師、診療技術部職員、事務職員

12. 計画達成の目標年度

2020年度(令和2年度)

2020/04/01
医療法人社団 清和会
診療環境改善委員会

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法

計画期間

2018年12月1日~2021年11月30日

1. 雇用環境の整備に関する事項

(1)妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立等を支援するための雇用環境の整備

  • (ア)妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備の実施
  • (イ)労働者が子供の看護のための休暇について、時間単位で取得できる等、より利用しやすい制度の導入
  • (ウ)出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

(2)働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
短時間正社員制度の導入・定着

2.1. 以外の次世代育成支援対策推進法に関する事項

若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供、トライアル雇用等を通じた雇入れ、適正な募集・採用機会の確保その他の雇用管理の改善又は職業訓練の推進

女性活躍推進法に基づく行動計画

計画期間

2018年4月1日~2021年3月31日(3年計画)

1. 目標

  • 2021年4月の主任以上の女性役職者数を2018年4月比で1.2倍以上にする。
  • すべての社員が、育児や介護などの状況にあっても、能力を発揮し続けたいと思えるような職場環境を実現する。

2. 取り組み内容

行動計画を策定し発信する。

  • 2018年4月~ 女性の計画的な育成・登用に向けて職制をフォローする。
    具体的には、主任職の登用資格基準の見直し
  • 2019年4月~ 各部にて主任枠の再設定検討
    具体的には、看護部や診療技術部において主任枠の増枠を検討
  • 2020年4月~ 主任以上者研修の再設定
    若手女性社員対象キャリア形成セミナーの実施検討
    意識啓発のための研修会への積極的参加促進

3. 女性の活躍に関する情報公表(医療法人社団清和会)

主任以上の女性役職者数推移(人)

男性 女性
2016年4月1日付 25 18 43
2017年4月1日付 25 23 48
2018年4月1日付 27 21 48