脊椎センター

当院の手術に対する基本方針

 安全でかつ患者様の身体的な負担が少ない方法を選択しております。全身麻酔中にも神経機能を確認できるよう、術中モニタリング装置を積極的に活用しております。 各疾患の概要および手術方法については、脊椎脊髄疾患を参照ください。

顕微鏡下手術が原則

 当センターでは顕微鏡下手術を原則としております。顕微鏡を使用することで神経や脈管構造などを鮮明に認識することができ、より安全な手術が可能となります。 また小さな間口から内部を確認することができますので、通常と比べて皮膚や筋肉の切開が小さく済むのも特徴です。

低侵襲手術を重視

 体への負担を「侵襲」といいます。より体への負担が少ない手術方法を選択します。PLIFやTLIFと呼ばれる腰椎の固定術もMIS(最小侵襲手術)の技術を用いて経皮的にスクリューを挿入したり、CBT法と呼ばれる手法を用いおります。

PELD(腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡下手術)が可能

 近年FESS(全内視鏡下手術)と表現されることもあります。PELDとFESSは同じ術式です。約8mm程度の皮膚切開で椎間板ヘルニアを切除する手術方法で、現在最も体力的な負担が少ない術式の一つとされています。創部痛も軽度で、早ければ術後2日で退院可能となります。当院でも本術式が可能です。 ただしこの術式はどの腰椎椎間板ヘルニアにも対応できるものではありません。術前検査にて、安全かつ十分な治療効果が得られると判断した場合に行います。 詳しくはPELDをご覧ください。

胸腰椎圧迫骨折に対して椎体形成術

 骨折を契機に下肢の廃用が進行したり、認知症が進行することで要介護状態になることが問題となる疾患です。腰痛が遷延する場合は、除痛を目的とした外科的治療も選択肢となります。 当院では低侵襲な約5mmの皮膚切開を2か所設けて透視下(レントゲン)にて行う経皮的椎体形成術(BKP;balloon Kyphoplasty)が可能です。骨折の程度や椎体の変形によっては、小切開が必要な場合もあります。