ボトックス治療

ボツリヌス菌より産生されるボツリヌス毒素には、筋肉を麻痺させる作用があることが知られています。この作用を治療に応用したのが、ボトックスと呼ばれる薬です。

緊張またはけいれんしている筋肉にごく少量投与すると、筋肉がゆるみ、けいれんを改善することが分かり、日本では1997年より利用可能となりました。ボトックスはタンパク質であるため、投与してもボツリヌス菌に感染することはありません。効果の持続は数か月間で、永続はしません。

病院脳神経外科では、主に眼瞼けいれん、片側顔面けいれんに対して、ボトックス療法を行っております。

ボトックス治療の特徴

ボトックスの効能期間は、投与方法にもよりますが約3か月間です。効果を持続させるためには、3か月毎に投与が必要となります。

投与方法は皮下注射になります。27Gという細い針を用いて、けいれんしている部分に複数個所注射します。実際の所要時間は5分程度ですので、外来通院で行います。

最も適した投与量には個人差があります。利き過ぎた場合、けいれんが止まるのみでなく、投与した筋に麻痺が生じることになります。これを避けるために初回は少ない量から始め、徐々に投与量を増やすのが一般的な方法です。

当院では、まぶたがけいれんする「眼瞼痙攣」や、顔面がけいれんする「片側顔面けいれん」に対して、治療法の一つとしてボトックス治療を行っております。気になる症状があれば、まずは外来にてご相談ください。病状に応じて、治療方法などについて専門医が詳しく説明いたします。