ご利用案内

  1. ホーム
  2. >
  3. ご利用案内
  4. >
  5. 診療科目・診療時間
  6. >
  7. 糖尿病外来

診療科紹介

糖尿病外来
糖尿病フットケア外来のご案内

 当院では糖尿病患者さまを中心にフットケア外来を開設しました。糖尿病には合併症一つ、神経障害があります。神経障害は、まったく症状がなかったり、ジンジンとしびれを感じたり、足がうずくように痛んだりと、生活に苦痛を伴うような症状があります。 この神経障害に加えて火傷や切り傷などの足病変が重なり放置しておくと傷口が化膿します。次第に悪化して壊疽となり、最終的に足の切断を余儀なくされる場合があります。そうならないためには、毎日の足の観察を行うなどのセルフケアが一番大切になります。
私たちは、そのためのセルフケアを糖尿病療養指導士がサポートし、足病変の悪化と予防に努めていきます。

 当院の「糖尿病フットケア外来」では、糖尿病療養指導士の資格を持つ看護師が、足の観察や神経障害・血流障害の程度をチェックし、爪切りなどの足のお手入れ方法をアドバイスをさせていただきます。 足トラブルの進行を防ぎ、適切な知識で処置を施すことで合併症の予防と悪化を防げます。

概 要
診察日 毎週水曜日 9:00~11:30(糖尿病外来時)
予約 完全予約制 1人30分(初回は糖尿病外来時受診時にお申し出ください。)
場所 6診
対象患者 ・糖尿病性神経障害
・閉塞性動脈硬化症
・下肢や足趾を切断したことがある方
・足の潰瘍治療歴がある方
ケアの内容 ・足浴、足の洗浄など
・爪切り(陥入爪、肥厚爪または爪切りなどの足のセルフケア方法の指導)
・正しい靴の選択方法についての指導
・療養相談
費用 糖尿病合併症管理料算定のため、保険診療で1回「510円」(3割負担の場合)
担当者 糖尿病療養指導士看護師とフットケア研修を修了した看護師

 私たちは、患者さまに糖尿病・糖尿病合併症・治療方針を正しく理解していただき、血糖コントロールと合併症予防のための療養生活を自己管理できるように努めいています。また足病変によるQOL(生活の質)の低下を防ぐため、 医師・看護師を中心としたチーム体制で協力して応援していきたいと考えています。


笹生病院糖尿病療養サポートチーム



医療法人社団 清和会グループ