笹生病院について

  1. ホーム
  2. >
  3. 笹生病院について
  4. >
  5. 病院指標

平成27年度 笹生病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 15 97 113 134 174 182 316 550 743 289
平成27年度中に当院を退院した患者さんを年齢階級別に集計しました。平成27年度に一般病棟を退院した患者さんを対象としています。年齢は、一般病棟に入院した時点のものを使用しています。当院は地域の救急医療に力を注ぎ幅広い年齢層の患者さんを診察しています。地域の高齢化を反映して、60歳以上の患者割合が高く、当院の退院患者の71.9%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080X099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 220 16.26 14.34 8.18 76.60
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 94 5.28 5.50 0 46.30
060102XX99XXXX 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 63 10.03 7.91 3.17 58.62
当院の内科の患者さんは上記のとおりです。地域の高齢化を反映して、高齢の肺炎の患者さんが多くなっています。 高齢の肺炎の患者さんは入院日数が長くなる傾向がありますが、重症化を防ぐために適切な治療を行っています。地域の医療機関とも連携をとり、 退院後は自宅での生活ができるように取り組んでいます。肺炎以外の患者は腸炎や結腸憩室炎の患者さんが多くなっています。 比較的年齢が若い患者さんが多く治療日数もまた短い傾向があります。また、糖尿病に対する 治療や教育入院、肝疾患に対する治療や検査入院なども行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 25 18.3 11.36 85.48
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 3.26 3.07 8.70 68.83
050050XX0200XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 19 10 4.87 5.26 69.68
今年度より体制を整えて心筋梗塞や狭心症 、末梢動脈疾患などに対するカテーテル検査、治療、心不全加療入院が 増えています。また、不整脈治療にも力を入れており、特に頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)の件数も増えてきています。 アブレーションとは不整脈の原因となる心臓内の悪い部分や余分な電気回路を、高周波を使って焼き切る治療法です。当院では4~5日の入院で退院可能となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150XX03XX0X 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病 なし 61 4 5.56 0 34.72
060335XX0200XX 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 31 8.16 7.84 0 62.9
060150XX02XX0X 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 定義副傷病 なし 29 10.55 9.48 0 52.55
虫垂炎、胆嚢炎、腹膜炎、腸閉塞など突然の激しい腹痛を生じる急性腹症の 患者さんに対する緊急手術が多くを占めました。その他、胃癌や大腸癌などの悪性疾患に対する患者さんも多くなっています。腹腔鏡下手術も積極的に行っています。 そして24時間体制でいつでも手術ができる体制を整えています。他の医療機関からの手術依頼が多いのも当院の特徴です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 67 63.64 28.7 5.97 85.45
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 60 57.63 21.52 3.33 77.68
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 19 10.16 5.7 0 59.74
転倒などによって生じた大腿骨の骨折に対する手術が多くなっています。それ以外にも、上腕や前腕、下腿、鎖骨といった 部位の手術も多くなっています。患者さんの年齢や状態によっては手術をおこなわないで安静な状態を保つ保存的加療を行う場合があります。いずれの場合も患者さんの 状態にあった治療やリハビリをしっかり行い、自宅に帰って生活できるよう取り組んでいます。また当院には40床の回復期リハビリテーション病棟があり、多くの専門職種 がチームを組んで集中的なリハビリを実施しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 3 2 2 3 4 0 1 7
大腸癌 14 5 16 0 2 5 2 7
乳癌 0 0 3 0 0 0 1 7
肺癌 0 0 0 1 2 0 1 7
肝癌 0 5 0 0 3 3 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について平成27年度に一般病棟を退院した患者さんを対象として初発・再発にわけて分類しています。集計期間内に複数回入院しても1例としてカウントしています。UICC分類(癌の進行度を一定の基準を設けて分類したもの)は第7版を使用し、TNM分類(T:原発腫瘍の広がり N:所属リンパ節転移の有無と広がり M:遠隔転移の有無)が不明確でUICC病期分類がはっきりしない場合は不明としています。ステージが上がるにつれ、癌が進行していることになります。当院は大腸癌の患者数が最も多く、次いで胃癌、肝癌となっています。治療法として、内視鏡的治療、抗癌剤治療、手術による治療をなどを行っています。特に最近では早期大腸癌、早期胃癌に対し内視鏡による治療が増えてきています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 45 7.6 47.78
重症度 1 52 11.15 79.38
重症度 2 43 22.4 84.35
重症度 3 38 25.84 86.95
重症度 4 18 24.5 89.72
重症度 5
不明
成人市中肺炎について、平成27年度に一般病棟を退院した患者さんを対象として重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しました。重症度は、市中肺炎ガイドラインによるA-DROP分類を用いました。A-DROPシステムは①年齢 男性70歳以上、女性75歳以上 ②BUN21mg/dl以上または脱水あり ③SPO2 90%以下 ④意識障害あり ⑤収縮期血圧 90mmHgの5項目で該当する項目が多いほど重症となります。当院では重症度に関わらずほぼ同数の患者さんが入院されていますが、重症度が上がるほど平均年齢は高く、平均在院日数は長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 16 5.63 81.81 0%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 37 45.51 78.89 5.41
その他 29 81 100
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 4 81.5 0
その他 7.5 77.5 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞の病型について平成27年度に一般病棟を退院した患者さんを対象として患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。年齢は一般病棟に入院した時点のものを使用しています。当院での脳梗塞に対する治療は、tPAという薬剤を使い早期に血流を再開させる血栓溶解療法のほかに、カテーテルによる血管内治療、エダラボンという脳梗塞治療薬を用いた治療などを行っています。また治療後のリハビリは多くの専門職種がチームを組んで集中的なリハビリを実施する回復期リハビリテーション病棟で行い、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻って頂けるよう努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 23 0.91 11.74 13.04% 74.22
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 3.25 12 8.33 76.42
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 11 19.36 22 36.36 85.27
内視鏡的消化管止血術は胃潰瘍等の消化管潰瘍からの出血を止める処置です。内視鏡的胆道ステント留置術は、総胆管結石や胆管が狭くなって胆汁の流れが悪いときに管を入れて流れをよくする処置です。いずれも開腹手術をせずに内視鏡での対応が可能となっており、患者さんへの体力の負担軽減に役立っています。中心静脈カテーテルは、抗癌剤投与、大量点滴や輸血のために血管の確保が必要な場合に、必要となります。中心静脈カテーテルを使用することによって薬剤を確実に投与できるほか、苦痛を伴う穿刺を繰り返さなくてよいことや、手足の拘束がないことで日常生活への影響が軽減されます。また体力維持に必要な高カロリー輸液を入れる場合にも使用します。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 18 7.56 3.44 0 69.61
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 13 3.46 14.46 0 78.69
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 10 0 33.4 0 73.2
経皮的冠動脈ステント留置術は急性心筋梗塞や狭心症に対する手術です。狭くなった冠動脈を血管の内側から拡げるために行う低侵襲的な治療です。ステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を血管に留置して、血管の開通性を保持し再閉塞を予防します。緊急に行う必要が高いので、24時間対応できる体制をとっています。ペースメーカー移植術が2番目に多い手術になっています。脈が正常範囲を超えて非常に遅くなる徐脈性不整脈の患者さんに対して行います。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 60 0.08 2.88 0 34.65
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 4.35 6.52 0 63.63
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 29 0.03 9.52 0 52.55
虫垂切除術を行った患者さんが最も多いです。いわゆる盲腸です。虫垂周囲に膿瘍を伴わない場合は手術3日程度で退院できます。しかし膿瘍を伴う場合は管を挿入してしっかり膿を出す必要があるので、10日程入院が必要となります。どちらにしても緊急に対応しなければならない場合がほとんどですので、24時間対応できる体制を整えています。腹腔鏡下胆嚢摘出術が2番目に多い手術となっています。以前はお腹を開いての手術が主流でしたが、腹腔鏡での手術の導入により、患者さんの体力的な負担も軽減され、早期での退院が可能となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 58 6.6 57.47 5.17 84.22
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 7.04 64.32 4 84.36
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 21 3.52 24.1 0 65.29
高齢化の影響もあるかもしれませんが、大腿骨と股関節の骨折の患者さんが大部分を占めます。術後は状態をみながらリハビリ病棟で専門的なリハビリを行いますので、2か月前後の入院となります。その他では手足の関節内骨折の患者さんも多いですが、大腿股関節の骨折の患者さんと異なり比較的短期間で退院されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 1 0
180010 敗血症 同一 7 0
異なる 7 0
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0
異なる
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、 敗血症、播種性血管内凝固症候群、手術・術後の合併症、その他の真菌症について平成27年度に一般病棟を退院した患者さんを対象として症例数と発生率を集計しました。 DICは様々な重症の基礎疾患により全身の血管内で血栓ができる病態です。敗血症は血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気です。 手術・術後の合併症には、術後の創部感染や出血、縫合不全などがあります。 また、「同一性」とは入院の契機である疾患と入院中の主な治療目的の疾患が同一が否かということです。
更新履歴
2016/09/29
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
医療法人社団 清和会グループ