笹生病院について

  1. ホーム
  2. >
  3. 笹生病院について
  4. >
  5. 診療設備

診療設備

画像診断室

全身用マルチスライスCT
全身用マルチスライスCT

SCENARIA 64列CT (HITACHI)

当院では、心疾患の早期発見・予防に有効な64列CTを導入し、迅速かつ精密な検査が可能です。検査が迅速に行えるため息止めが必要な時間が短縮され、患者さまの負担が軽くなっております。


MRI
MRI

Signa HDxt 1.5T (GEヘルスケアジャパン)

MRIは核磁気共鳴(NMR)という物理現象を応用した画像診断装置です。患者様に大きな電磁石の中に入ってもらい、ラジオの周波数と同程度の電波を当て、体から返ってくる微弱な電波をコンピューター処理することで人体の断層画像を得ます。体への悪影響はほとんどなく、縦、横、斜めと自在な角度で組織コントラストの優れた画像が得られます。高精細のMRA(MR血管造影)、MRCP(MR胆管造影)を提供します。

RI検査
RI

Millennium MG(GEヘルスケアジャパン)

RI検査とは核医学検査やアイソトープ検査とも呼ばれ、ごく微量の放射性物質を含む薬を用いて病気を診断します。X線検査やCT検査などは主に臓器の形の異常を捉えるのに対し、RI検査は臓器の位置・大きさ・働き(機能)を捉えることができるため、脳・心臓への血流の状態やがんの転移や広がりを調べることができます。また他の検査では分からない病気を見つけることもあります。苦痛も無く副作用も非常に少ない検査で、多くの病気の診断に利用されています。

心臓カテーテル
心臓カテーテル

Allura Xper FD10(PHILIPS)

心臓カテーテル検査は足の付け根や手首・腕の血管から心臓までカテーテル(特殊な管)を挿入し、造影剤を用いて心臓の大きさ、圧力、筋肉・弁の働き、冠動脈の狭窄部を調べます。通常はカテーテルを通す部位に局所麻酔を施すため強い痛みはありません。狭心症や心筋梗塞など心臓病の診断に欠かせない検査で、冠動脈より狭窄部が見つかった場合は冠動脈への血流を回復させる必要があり、カテーテルを冠動脈に挿入した状態でガイドワイヤー、バルーン(風船)、ステント(網状の金属筒)を使って狭窄部を拡張します。

検査室

  • 心臓及び腹部超音波エコー
  • 消化器内視鏡(上部及び下部)
  • ホルター心電計
  • 全自動血球計算機
  • 全自動血液ガス分析
  • 電解質分析
  • 生化学自動分析
  • 呼吸機能検査
  • 診断用X線テレビ
  • マンモグラフィ
  • アンギオ
  • DSA(血管造影装置)
  • 回診用X線

血液浄化センター(人工透析)

血液浄化センター(人工透析)

診療には専門医が担当し、外来、入院、老健入所者の方々を対象としています。当院では透析療法に必要な血管吻合手術(シャント術)にも対応し、腎不全の程度、性別、活動量によりケースワーカー、薬剤師、栄養士と協力しひとりひとりの目標を定めた内服管理や栄養指導、さらに長期間透析に起こる合併症(骨病変、副甲状腺、結石、腫瘍など)の診療も行ないます。
血液透析以外にも腹膜透析や、腎不全以外の様々な疾患に対する診療として、血漿交換法(高コレステロ−ル血症、閉塞性動脈硬化、ネフロ−ゼ症候群、慢性関節リウマチや、肝不全、多発性骨髄腫、重症筋無力症などの肝、血液、神経疾患)、免疫吸着(全身性エリテマトーデスなどの膠原病、エンドトキシン除去)、血球成分除去(潰瘍性大腸炎、LDLコレステロール除去)などの血液浄化療法にも対応しています。

手術室

  • バイオクリーンシステム
  • 人工心肺装置
  • 腹腔鏡
  • 手術用顕微鏡
  • 外科用X線テレビ

救急初療室及びICU、CCU(12室)

  • 人工呼吸器
  • 除細動装置
  • 心拍出量計
  • 心臓ペースメーカー
  • 各種血液浄化装置
  • セントラルモニタリングシステム
  • IABP(大動脈内バルーンバンピング)
  • PCPS(経皮的心肺補助装置)
  • 血液透析装置(個人用)

関連情報

医療連携室

設備の利用など地域医療連携に関する情報やお問い合わせはこちらをご覧ください。

医療法人社団 清和会グループ